THE LIGNUM DOMUS OGUNO

THE LIGNUM DOMUS OGUNO

made by Sweden House

SCROLL DOWN

Life With Nature

養老孟司氏(東京大学医学部名誉教授・唯脳論著者)は言いました。

『都会では人工物以外のものを見かけることは困難である。
 そこでは自然すら人為的に配置される。
 ヒトの歴史は「自然の世界」に対する「脳の世界」の浸潤の歴史だった。』

そして、時には、人の手のかかっていない自然に触れることが大切であると氏は指摘します。

木の下に寝転がり空を眺める、そこには誰が頼んだわけでもないのに、
葉と葉が互いに重ならないように広がっている、
空からの日差しをまんべんなく受け取ろうとするその造形美に感動すら覚える。

大人たちは自然に触れることで自身を回復し、子供たちは自然の中で豊かな感性を育んでいく。
建築家も数学者も物理学者も、多くのインスピレーションを自然の中から得ています。
着想の源泉も、幼少期の原体験が元になっていることが少なくありません。
子供たちを自然豊かな環境の中で育てたい。
そう思う方も多いのではないでしょうか。

自然に浴する快適な住まいをどうぞお楽しみください。

THE LIGNUM DOMUS OGUNO

Life Style

木の家

THE LIGNUM DOMUS, made by Sweden House

ラテン語で木の家の意味を持つ

LIGNUM DOMUS(リグナム ドムス)は

スウェーデンハウスの注文住宅です。

飾らない美しさと木の温もりで家族を包みます。

Architecture

木の階段

厳選素材

どんなに良い設計をしても変えることができないのは素材です。間取りや構造など同じ設計をしても、最後は建築する素材の良さで差が出ます。 THE LIGNUM DOMUS OGUNOには、北欧で育った樹齢80年前後の木が使用されています。 寒冷地で長い年月をかけて育った木は、含水率は低く抑えられ、年輪の目が細かくつまることで高い強度を有します。 厳選された木材を使用することで、見た目の美しさ、木の温もりで居住者を包むだけでなく、高い耐震性と耐久性で居住者を護ります。

ソーラーパネル

太陽光発電

自然に囲まれている利点を活用し太陽光発電システムを導入しています。毎月の売電による収入は平均約12,000円です。(2020-2021年実績)また、高い気密性を有するため、夏場に24時間エアコンをつけ続けても電気代は平均約8,000円です。(2021年5~9月実績)電気代実質無料を実現しています。

キッチン

新鮮な空気

24時間熱交換型換気システム(第一種換気システム)を採用しています。外の新鮮な空気を取り入れ、住まいの隅々まで空気を新鮮に保ちます。住宅全体の空気は2時間に1回入れ替わるように設計されており、微粒子用フィルターによりPM2.5の侵入も防止します。

ウッドバルコニー

充実保証

THE LIGNUM DOMUS OGUNOは築10年まで、スウェーデンハウスによる7回の建物点検が実施されます。築10年以降は築50年まで5年に1回の建物点検が実施されます。点検はいずれも無料です。

綺麗な庭

豊富な支援

日の出町は独自の子育て支援制度があります。お子様1人につき月額10,000円の次世代育成クーポンが支給されます。日常の買い物だけでなく保育料などにも使用できます。

Property

物件価格
4,200万円
所在地
西多摩郡 日の出町 大久野
交通/アクセス
武蔵五日市駅 バス 5分
バス停下車 徒歩 6分
防火地域 / 高度地区
指定なし / 第1種高度地区
物件種目
居宅
構造
木造スレート葺2階建
築年月
平成31年3月築
建蔽率 / 容積率
50% / 80%
用途地域
第1種 低層住居専用地域
建物面積
111.62m² / 33.76坪
1・2階:各55.81m²
土地面積
185.83m² (56.21坪)
現況 / 引渡
居住中 / 4ヶ月
売却理由
Uターン就職
取引形態
仲介

Design Drawings

  • 1階の間取り
  • 2階の間取り

編集後記

撮影で何度も大久野に足を運ぶうち、私は、ふるさとの北海道を思った。

「自然の中で暮らしたい。」 都会の人はそう言うが、自然の中で育ってきた私から言わせてもらえば、自然の中の生活というものは決して快適なものではない。夏暑く、冬寒い。服は汚れるし、虫はいるし、蚊にも刺される。

そもそも自然というものは、人が為すことに対し情状酌量の余地はなく、思い通りにならないものの代名詞のようなものである。

もちろん、だからこそ自然の多い環境で育った人はしなやかな精神を持つのだろう。思惑通りにならなければアッという間に心が折れるヤワな大人にはならない。不測の事態が起きても「そうきたか」と大きく構えている、そんな人に我が子も育ってほしいものだ。

そう思う頃、圏央道の日の出ICを降りた。

ここは車の交通の便が良い。日の出ICから大久野までは車で約10分。車窓を流れていく木々の緑に心が洗われる。大久野周辺には今はほとんど見なくなった里山の風景が広がる。「自然が多い環境で子供を育てたい」「豊かな感性を育みたい」その気持ちは分かる。ただ、大人は子供のために自然の不快さを我慢しなければならないのだろうか。私は、ずっとそんなことを思っていた。ところがどうだろうか。

THE LIGNUM DOMUS OGUNOは驚くほどの快適性を提供する。

夏暑く冬寒くない。

戸建に住んでいるにもかかわらず、冬の廊下が冷たくないなんて、初めは信じられなかった。気密性を担保するその重厚な玄関ドアを閉めるとそこには快適空間が広がり、玄関クロークで外着を脱げば外界は完全にシャットアウトされる。

自然が与えてくれる学びや豊かさを享受しつつ、快適な住空間を持つ。一つの理想形ではないだろうか。

東京プライベートオフィス株式会社

代表取締役 鯉淵 滋

SCROLL